損害保険の代理店とは

損害保険代理店の役割

損害保険代理店(以下代理店)は、損害保険会社との間で締結した代理店委託契約に基づき、損害保険会社を代理して保険契約を締結することが基本業務です.

代理店の役割は、お客様と保険会社のパイプ役となり、様々な危険から守るべく最適な保険提案をおこなうことです.

また、万一災害や事故が発生した場合においては、迅速かつ円満な解決を援助などのコンサルティング活動をおこなうことです.

代理店は、損害保険会社から主に次のような権限が付与されています.

  • 保険契約の締結
  • 保険契約の変更・解除等の申出の受付
  • 保険料の領収(口座振替を含む)
  • 保険料領収証の発行・交付

よって、お客様が代理店と保険契約を締結し、保険料を支払った時点から保険契約は有効に成立したことになります.

損害保険代理店の主な業務

代理店は、保険に関するプロとしてお客様に保険商品に関する説明以外にもさまざま情報を提供することにより、信頼の於ける代理店でなければなりません.

また、委託された保険種類について、当該保険会社を代理して主に次の業務を行ないます.

  • 保険契約の締結
  • 保険契約の変更・解除等の受付
  • 保険料の領収、または返還
  • 保険料領収証の発行・交付
  • 保険契約の維持・管理
  • 保険契約の報告業務
  • 保険契約者などからの事故通知の受付や保険会社への報告